トップページ > 安全靴・作業靴の基礎知識 > 使用上のご注意

安全靴・作業靴の基礎知識

使用上のご注意 靴底の加水分解について 交換/買換えの目安

使用上のご注意(JIS規格合格 安全靴)
ご注意

1. この安全靴及びつま先保護機能を有する作業靴は、JIS T 8101(安全靴)に規定する安全性能を有していますが、それを超える衝撃、圧迫には耐えられません。
2. 滑りにくい靴底ですが、油や水の多い場所では、気をつけてご使用下さい。
3. 衝撃や圧迫を受けた安全靴、作業靴及び足甲プロテクタは、外観の如何にかかわらず、使用しないで下さい。
4. 着脱式足甲プロテクタを別途取り付ける場合には、安全靴・作業靴の先芯後端に、プロテクタ本体が3mm以上重なるよう、取り付けて下さい。
5. 先芯に穴をあけるなど、安全靴・作業靴への加工はやめて下さい。安全性能が低下する恐れがあります。
6. インソール・靴紐は、備え付けのシモン指定品をご使用して下さい。損傷した場合は、早急にお取り替え下さい。
7. 耐踏抜き性Pを表示してある安全靴・作業靴は、1,100N(112.2kgf)以上の耐踏抜き強度がありますが、それを超える圧迫には耐えられません。
8. つま先部に硬質の先芯が入っておりますので、足入れには充分注意して下さい。
9. 飛び降りると、事故の原因となる場合があります。
10. 甲革の損傷、革破れによる先芯の露出、靴底の損傷、または靴底の意匠がなくなったような場合は、かぶれ、かゆみなど、足に異常を生じた場合は、ご使用をやめて下さい。
11. 着用の際には、靴紐や面ファスナーは正しく締めてください。また、かかとをつぶして履かないで下さい。
12. 靴のサイズは目安に過ぎません。実際に着用し、足に合う靴をお求め下さい。
13. 牛革を使用した靴は、多少色落ちする事があります。
14. 牛革の表面に保革油が凝固し、白く粉をふいた状態になることがあります。製品の品質には問題なく、布などで軽くふき取るときれいになります。
15. 金属切削くず等の鋭利なものを踏むと、切り傷ができ、底割れの原因となります。
16. 靴に水や薬品が付着した場合は、速やかに拭き取ってください。はがれや破損、劣化などを生ずることががあります。特に酸・アルカリ等の薬品やシンナーなどの溶剤、水を多量に使用する作業環境では、ご注意ください。
17. 湿気による経年劣化を防止するため、靴が濡れた場合は、高温多湿、直射日光を避け、風通しの良い日陰で保管してください。


警告

1. 絶縁ゴム底靴(耐電靴)、静電靴をご使用の場合は、箱に同梱されている説明書をご確認ください。
○ 表底に発泡ポリウレタンを使用した安全靴・作業靴につきましては、ポリウレタンの特性上、次の事項にご注意ください

注意

加水分解について
1.表底にポリウレタンを使用した製品は、長期保管をすると、使用頻度に関わらず加水分解という経年劣化が生じ、靴底が破損する場合があります。
※加水分解とは、ポリウレタンに水分子が加わることにより、徐々に強度が落ちていく現象です。取り扱いや保管方法にお気遣いいただくことで、劣化を遅らせることが出来ます。
① 長期間の保管は避け、出来るだけ速やかに着用してください。
② 直射日光や高温多湿の場所を避け、風通しの良い場所で保管して下さい。
③ 水に濡れた場合は必ず拭き取り、風通しの良い場所で自然乾燥して下さい。


↑戻る

使用上のご注意(JSAA規格合格 プロテクティブスニーカー)
注意

1. プロテクティブスニーカー(※プロスニーカー®)は、(公社)日本保安用品協会制定のプロテクティブスニーカー規格の安全性能を有していますがそれを超える衝撃・圧迫には耐えられません。
2. 滑りにくい靴底ですが、油や水の多い場所では、気を付けてご使用下さい。
3. 衝撃や・圧迫を受けたプロスニーカーは、外観の如何にかかわらず、使用しないで下さい。
4. 先芯に穴をあけるなど、プロスニーカーへの加工はやめて下さい。安全性能が低下する恐れがあります。
5. つま先部に硬質の先芯が入っておりますので、足入れには充分注意してください。
6. 飛び下りると、事故の原因となる場合があります。
7. 甲被の損傷、破れによる先芯の露出、靴底の損傷、または靴底の意匠がなくなったような場合は、使用しないで下さい。
8. 先芯入りのプロスニーカーですので、スポーツやレジャーなどには適していません。
9. かぶれ、かゆみなど、足に異常を生じた場合は、ご使用を止めて下さい。
10. インソール・靴紐は、備え付けのシモン指定品をご使用して下さい。
11. 着用の際には、靴紐や面ファスナーは正しく締めてください。また、かかとをつぶして履かないで下さい。
12. 床材によっては、底意匠が早期に摩耗したり、摩耗により音が発生する場合があります。
13. 靴のサイズは目安に過ぎません。実際に着用し、足に合う靴をお求め下さい。
14. 人工皮革や合成皮革、ビニルクロスレザーなどの甲被素材は、熱や溶剤、酸、アルカリ性薬品などによって、溶解、分解をおこす場合がありますので注意して下さい。
15. 靴の洗濯はできません。
16. プロスニーカーは、軽作業に適した公益法人規格の作業靴です。一般作業においては、作業内容や職場環境に応じて、安全性能及び耐久性に優れた弊社のJIS規格の安全靴をお求め下さい。
※プロスニーカーは、公益社団法人日本保安用品協会の登録商標です。



↑戻る

ウレタンの宿命である加水分解とは

ウレタンの靴底がぼろぼろになるのは、加水分解という現象によるものです。加水分解はウレタンが水と化学反応を起こすことによって物性強度が低下することです。突然起こる化学反応ではありません。ウレタンの生成(靴底の生産)から次第に加水分解が始まり、靴底の内部強度が落ちていきます。 保存条件、使用状況により劣化速度・耐用年数に違いが出てきます。 そして、内部強度が落ちた靴底で歩行した際に、劣化部分に力が加わった結果、亀裂や剥落などが生じます。

対策

対策

①押し入れや下駄箱は水分があり、空気は停滞しているため、ウレタン底の靴の保存には適しません。風通しの良い直射日光が当たらない場所で保存しましょう。
②購入後は早めに使用してください。加水分解が少なく長持ちします。それは、空気の滞留がないため、履いていた方が加水分解が進行しにくい為です。
③水の付着した状態、高温多湿の風通しの悪い場所での保存は避けてください。
④長期の保存にならないように注意してください。
*長期保存が必要な場合は、ウレタン底ではなく高機能樹脂を使用した靴をご用命ください。


↑戻る

チェックリスト

長期間保存していた靴を履いたら、出先で靴底がぼろぼろになり困ってしまった。こんなことにならないように、長期間使用していないウレタン底の靴は事前にチェックしてみましょう。下のチェック項目の1つでも当てはまる場合はご使用をお控えください。


チェックリスト
交換/買換えの目安

安全靴/作業靴の使用頻度、業務内容、業務環境によって交換するその時期は様々ですが、 独立行政法人 労働安全衛生総合研究所が定める「安全靴・作業靴技術指針」の「6.4廃棄基準」では、 次の状態が、安全靴/作業靴の廃棄基準と定められております。

1:はとめ、ボタンなどが脱落し、修理不能なもの。
2:かかとの腰革がつぶれたものや折れ曲がったもの。
3:大きな衝撃を受けたもの。
4:甲被が破れたもの。
5:甲被の摩耗、破れなどにより先芯が露出したもの。
6:表底が剥がれたもの。
7:表底の損傷が著しいもの。
8:表底の模様がなくなる程度に磨り減ったもの。

また、「安全靴の場合、一度でも大きな衝撃を受けたものは、先芯に外観上異常が認められない場合でも、 変形やひび割れが生じている恐れがあるので廃棄する」と定められております。



↑戻る



page top