トップページ > シモンの取り組み > 環境負荷低減への取り組み

環境負荷低減への取り組み

環境負荷軽減、労働安全衛生に向けて人と地球にやさしい製品作りに取り組んでいます。

ISO14001

柳津工場、総合物流センターでISO14001(環境マネジメントシステム)認証を取得しており、地球環境負荷が最も大きい製造段階から環境負荷低減に取り組んでおります。
2000年に柳津工場が、革製安全靴製造業として国内初のISO14001の認証を取得より、2012年に4回目を更新を経て12年目を迎えます。シモンは産業廃棄物の削減、資源循環の推進、省エネの推進を行なっております。

GPN Green Purchasing Network

シモン安全靴リサイクルシステムの構築や一足箱(靴の個別包装箱)には再生紙を使用するなど、資源を有効に活用した循環型社会に貢献しています。

Simon Recycle System

グリーン購入ネットワークは、グリーン購入の取り組みを促進するために1996年2月に設立された企業・行政・消費者の緩やかなネットワークです。全国の多種多様な企業や団体が同じ購入者の立場で参加しています。
シモンは2006年10月に会員になり、活動をおこなっております。

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25 シモンはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。

シモンは京都議定書の目標を達成するための国民的なプロジェクト「チャレンジ25」に参加しております。

アイドリングストップ推進運動実施中

アイドリングストップ運動、全営業車はアイドリングストップを行い、CO2、NOxの削減に努めております。

COOLBIZ WARMBIZ

オフィスの省エネ活動において、冷房28℃、暖房20℃に設定し温度調整の徹底とクールビズの導入など積極的に省エネに取り組んでおります。

公益財団法人 日本野鳥の会 Wild Birs Society of Japan

(公財)日本野鳥の会会員であるシモンは、よりよい自然環境保護のため、日本野鳥の会の活動を支援しています。

エコエース

業界の常識を打破したシモンの商品群は、その開発の基本姿勢に「地球のためにできること」というコンセプトがあります。

◎世界初の鋼製に変わる焼却可能なACM樹脂先芯の開発と量産化
◎ノンクロム革を使用した環境対応型安全靴・作業用革手袋「エコエース」の発売
◎レザーを粒子状にして再利用したリサイクル素材の利用



page top