トップページ > 作業用手袋の基礎知識 > 手袋の素材について

作業用手袋の基礎知識

手袋の素材について
牛革 革の性質は大判で厚く、繊維組織が比較的均一で充実。
強度及び耐久性に優れている。
豚革 牛革に次いで、一頭から使用できる革の範囲が広い。
摩耗に強く軽量な上、毛穴が3つで1群である特徴の為、通気性にも優れる。
羊革 シープと仔羊革のラムに区分される。
手袋に利用されるラムスキンは山羊等に比べると丈夫さに欠けるが、
皮革の中でもっともソフトで柔軟性は抜群。
カンガルー革 柔軟で革の繊維が緻密。硬くしまり比較的しなやかな上、強度に優れている。
合成皮革 天然皮革に比べて強度は弱いが
水濡れに強く、軽量でソフトな風合いをもつ。
オイル革 特殊オイル加工を施し油汚れに強い。
洗濯してもソフト感が長持ちします。
ポリ塩化ビニール
(ケミグローブ)
耐酸性、耐アルカリ性、耐候性に優れ、冬でも硬くなりにくい
ニトリルゴム 耐油性、耐滑性に優れる


page top