トップページ > 安全靴・作業靴の基礎知識 > 静電靴とは

安全靴・作業靴の基礎知識

静電靴とは 静電靴の種類 静電靴が活躍する現場

静電靴とは

静電靴のJIS T 8103規格では、人体の静電気帯電が原因となって発生する災害・障害を防止する目的で使用する静電気帯電防止安全靴・保護靴・作業靴(以下、静電靴)について規定をしています。 静電靴は、精密機器工場、各種溶剤を扱う事業所など、静電気によって爆発・火災・電撃のような事故・災害、ならびに電子素子の破損、製品の汚れなどのような生産障害が起こりうる作業環境で使用されています。
本規格では帯電防止性能及びその性能を満たすために使用される諸材料の使用について規定され、防護する性能を備えた靴を「静電気帯電防止靴」と呼んでます。

静電靴の種類[靴の電気抵抗について]

靴の種類ごとに電気抵抗も区分され、静電気帯電防止性能を基準とした一般静電靴、特種静電靴、導電靴とに分類されています。また、種類ごとに電気抵抗も区分され、使用環境基準が定められています。 屋外作業も想定し、0℃条件下の規格値も設定されています。


種類 23±2℃における電気抵抗 R (Ω)
< *環境区分ごとの相対湿度を規定 >
環境区分 1(記号: C-1) ・・・ 12%±3%
環境区分 2(記号: C-2) ・・・ 25%±3%
環境区分 3(記号: C-3) ・・・ 50%±5%
0℃における電気抵抗R (Ω)
< *相対湿度の規定はない >
一般静電靴 1.0×105≦R≦1.0×108 1.0×105≦R≦1.0×109
特種静電靴 1.0×105≦R≦1.0×107 1.0×105≦R≦1.0×108
導電靴 R < 1.0×105 R < 1.0×105



↑戻る

規格における種類、区分別表示

種類、防護性能区分ごとの表示記号は下記のとおりとなります。


種類ごとの記号
区分 種別 記号 防護性能区分 甲被の素材 先芯の有無 記号
静電靴 一般静電靴(静電靴)
*"一般"の省略は可
ED 静電安全靴 革 / 総ゴム製 あり P
静電保護靴 革/ゴム以外の人工皮革等 あり O
静電作業靴 人工皮革等 なし W
特種静電靴 EDX 特種静電安全靴 革 / 総ゴム製 あり P
特種静電保護靴 革/ゴム以外の人工皮革等 あり O
特種静電作業靴 人工皮革等 なし W
導電靴 導電靴 EC 導電安全靴 革 / 総ゴム製 あり P
導電保護靴 革/ゴム以外の人工皮革等 あり O
導電作業靴 人工皮革等 なし W


表示例:ED-P/C3/革製/SE
一般静電安全靴 + 環境区分3対応 + 革製<普通作業用>S種合格 + かかと部衝撃吸収性(E)あり



↑戻る

静電靴や導電靴の適用範囲 [分類]

静電靴などを使用すべき場所が、「爆発危険区域」、「爆発高危険区域」、「静電気放電保護区域」、「その他生産障害発生区域」の4区域に分類されています。


区 域 内容 一般静電靴 特種静電靴 導電靴 環境区分
1)爆発危険
区域
爆発又は火災の
危険のある場所
どの区分も可
2)爆発高危険
区域
× どの区分も可
3)静電気放電保護区域 電子デバイス等の破損に伴う
生産障害の恐れのある場所
使用する区域の環境
区分に適すること
4)その他生産障害発生区域 ホコリ、汚れ等により生産障害を引き起こす場所 *生産障害防止上要求される帯電防止レベルに適した靴を選択して下さい。状況に応じて、専門家にご相談下さい。


*不適性選択・・・「爆発高危険区域」における「一般静電靴」は不適。

*導電靴の使用・・・感電の恐れのない作業で使用のこと。
(用途〉・高電界(高電圧活線の周辺 等)における作業

・静電気放電防止強化 :爆発し易い「ガス」や「粉じん」の取り扱い



↑戻る

静電靴や導電靴の適用範囲 [床の漏れ抵抗]

十分な帯電防止性能が得るために、「靴の電気抵抗」の他に、床の漏れ抵抗についても規定が定められています。


区域 床の漏れ抵抗(*絶縁性の塗装、敷物等が施されている場合を除く。) 床例他
1)爆発危険
区域
床の漏れ抵抗
1.0×108Ω 未満
・金属・土・木・コンクリート 等
・基準値の漏れ抵抗を満たす敷物等を施している場合
*低温、低湿度下では、加湿・散水が望ましい。
2)爆発高危険区域 床の漏れ抵抗
1.0×107Ω 未満
・金属
・基準値の漏れ抵抗を満たす敷物等を施している場合
3)静電気放電保護区域 総合漏れ抵抗
○1.0×109Ω 未満かつ人体電位100V未満又は○3.5×107Ω 未満
*総合漏れ抵抗・・・人体から接地端子到達までの電気抵抗



↑戻る

静電靴が活躍する現場

船上甲板作業溶剤や引火性物質を取り扱う作業・電子部品電子素子取扱い作業・塗装作業溶剤・ガス取扱い作業・地域消防団作業防災

↑戻る





page top