トップページ > 安全靴・作業靴の基礎知識 > 選び方

安全靴・作業靴の基礎知識

この業務にはこの形 サイズの選び方 特定機能付き安全靴 JIS規格とJSAA規格の違い

この業務にはこの形

靴の
形状
形状の説明 特長(使用の必要性) 適する主な作業
短靴
短靴1
くるぶし下までの
短い靴
●着脱が容易な最も汎用的なタイプ
●高所作業の場合は必ず脚絆(きゃはん)の併用が必要
●普及品(一般的に多くの現場で使用されています)
一般作業
全般
中編
上靴
短靴2
くるぶしの上部くらい
までの長さの靴
●くるぶし上くらいまでを守る
●短靴と比べ土砂や水、異物、溶接火花等が
靴の中に入りにくい
運搬作業
台車運搬
作業
溶接作業
長編上靴
短靴3
スネ部くらいまでの
長い靴
●くるぶしやスネ部を守る
●土砂や水、異物、溶接火花等が靴の中に入りにくい
●蒸気や高温部への直接接触から守る
●ズボンの裾を収納し引っかかりを防止する
*長編上靴は、くるぶしやスネなど守る範囲が大きい
保線作業
建築物解体作業
土木作業
高所作業
半長靴
短靴4
スネ部くらいまでの
長い靴で紐なしの
筒状タイプ
●靴の着脱が容易なので脱ぎ履きが
頻繁な現場に適している
●くるぶしやスネ部を守る
●蒸気や高温部への直接接触から守る
*半長靴は、くるぶしやスネなど守る範囲が大きい
溶接作業
土木作業
建築作業
建築物解体作業

上記の靴の形状と使用現場にあわせて、以下の機能を考慮して適する安全靴をお選びください。
<機能>・甲プロテクター ・静電気耐電防止性能 ・高所作業 ・踏抜き防止 ・耐熱仕様   



↑戻る

サイズの選び方

安全靴のサイズ選びには、いくつかのポイントがあります。靴のサイズは目安にすぎませんので、足に合った安全靴を選ぶ事が、疲労の軽減や事故の防止につながります。


① 普通に立った状態で足を入れ、全体のフィット感をチェックして下さい。足に圧迫感があったり、どこかが当たったりする場合は、サイズを1サイズ上げて再度チェックして下さい。


↓


②

②  靴ひもを締めないで、足を前一杯に移動させ、かかとに人差し指が軽く入るか確認し、入らない場合は、サイズを1サイズあげて下さい。


↓


③

③  靴ひもを締め、親指のくびれた部分に先芯の後端部が来る事を確認して下さい。およそ合致してればOKです。

↓


④

④ 足の一番広い部分と、靴の一番広い部分があっているかを確認して下さい。この部分が合わないと、足に圧迫感があったり、靴の中で足が前後に動きやすくなってしまいます。


↓


⑤

⑤ 実際に歩いてみて、左図の○部分に強い圧迫感がない事を確認して下さい。




↑戻る

特定機能付き安全靴

多様で特殊化する現場に対応した多種多様な性能を備える特定機能付安全靴です。


甲プロテクタ付安全靴

樹脂および鋼製先芯と樹脂製甲プロテクタを搭載。広い範囲で足を保護し、重量落下物から足甲を守るJIS規格合格品(付加的性能M)。
該当の製品...SS11樹脂甲プロD-6FD11樹脂甲プロD-6 等の 甲プロテクタ付安全靴




外鋼鈑安全靴

摩耗等によるつま先部の損傷が激しい現場用に開発された、鋼製先芯をつま先部の外側に取り付けた堅牢な安全靴。
該当の製品...FD11OS




耐熱作業用安全靴

耐熱性に優れた靴底と熱に強い甲被を採用した、熱現場や溶接などの現場で火花から足を守るために開発された安全靴。
該当の製品... HI22黒床耐熱 WS28黒床




溶接作業用安全靴

火花に強く、柔軟性に富む牛革製のベロ部を採用。またキリコや火花の靴の中への浸入を防ぐ構造の溶接用安全靴。
該当の製品... 528溶接靴




耐水・耐油用安全靴

耐水・耐油性に優れた特殊ウレタン加工革を採用。甲被からの水や油の浸透を防ぎ、水濡れの現場や油を使用する現場に適した安全靴。
該当の製品... 511P加工




高所作業用

建設現場での作業や高所作業のために開発された安全靴。足と靴の一体感を高める構造により素足そのままの軽快な足運びを生み出し、ヒールのないフラットソールが足場をしっかりと捉えます。
該当の製品...
3033都纏(JIS規格合格品) 鳶技S038ブルー(JSAA認定品) 鳶技S538黒(JSAA認定品)


安全長靴

総ゴム製で水現場の多い屋外作業に最適。しなやかな履き心地で足場をしっかり捉える。 JIS規格合格品
該当の製品... 安全長#10




静電靴

歩行や作業など人の動きによって発生する静電気は、コンピューター、 ロボットなどの誤作動や、火花の発生を招く原因による事故などのトラブルから静電靴は人体に帯電した静電気を、靴底を通して常に接地面をアースする事で除電する安全靴。
該当の製品... WS11黒静電靴 SS11白静電靴 7522静電靴




静電仕様(プロテクティブスニーカー)

JIS規格合格の静電靴の他に、安全靴と共通の静電気帯電防止機能を持つ、JSAA規格認定品の作業靴、プロテクティブスニーカーがあります。安全靴と共通の静電気帯電防止機能があり、JIS規格の安全性能まで求めない現場で使用されています。
該当の製品... AirSpecial3000黒静電仕様 AirSpecial3000白静電仕様




その他作業靴

工場内の電気保全や電気工事など低圧回路(商用電圧)に誤って触れる可能性のある作業靴の為に開発された絶縁ゴム底靴(耐電靴)。
該当の製品... FD11M絶縁ゴム底靴




その他作業靴

道路工事現場で性能を発揮する、アスファルトにやさしい靴底意匠の舗装作業用靴。主に靴底には耐熱ゴムを使用し、かかと芯には構造的断熱性を持つ、耐熱コルク材を使用。
該当の製品... RM138黒 舗装靴長編上 舗装靴半長靴




↑戻る

JIS規格とJSAA規格の違い

多様で特殊化する現場に対応した多種多様な性能を備える特定機能付安全靴です。

表1

表2


↑戻る

お客様の声をお聞かせ下さい。



page top